自分の健康は自分で守る

メインイメージ_高麗人参

高麗人参の便秘への効果について考える

便秘とは、3日以上排便がない、もしくは毎日排便があったとしても残便感を感じる状態の方があてはまるようです。
ざっと女性の二人に一人はこうした状況に関連した悩みをお持ちだという調査結果もあるほどこの問題は多くの女性にとって深刻で身近な事柄であるといえます。
大便はほぼ7割から8割が水分で残りの2割から3割が固形物で構成されていますが、この状態になるとこれがまったく出てこないことになります。
便秘にはおよそ2つのタイプがあるといわれます。
ひとつは腸に障害が起きてしまって腸管が狭くなってしまっている状態から起こる器質製症状で、もうひとつは腸管の機能低下、または機能異常による場合の機能性症状です。
これには一時的に起きる急性症状と週に2日以上排便がない状態が一ヶ月以上続く慢性症状があります。
通常便秘と呼ばれるのはこの後者のほうの慢性症状ということになります。
さらにですが、慢性は大別して3つに分けられます。
一つは弛緩性という蠕動運動が行われない状態で二つ目は精神的なストレスから自律神経が乱れ大腸の筋肉が緊張して排便できない痙攣性、そして三つ目は便意を我慢することが習慣化してしまい直腸の神経が鈍くなる直腸性です。


こうした排便が定期的にできなくなる状態というのはだれもが経験していることから、たいしたことではないと思われがちですが、これが原因で大腸がんのような重大な病気に発展することも十分にありえますので軽視するべきではありません。
またこうした状況から起こる関連症状として腹痛、吐き気、食欲不振、めまい、痔、体臭、口臭、にきび、アレルギー症状、不眠症などあらゆる問題に発展するきっかけともなりかねない状況で、早急な改善が必要になります。
高麗人参はストレスを緩和し自律神経の働きを正常化する作用があります。
高麗人参を摂取することは、腸管の働きが正常化され便秘の解消が促されるのに大きな役割を果たすことが分っています。
また腸内で乳酸菌の増殖を促すことから有害な菌を殺す作用ももっているのです。
こうして改善された自律神経は消化、吸収、排便という腸管そもそもの機能を取り戻し、普通の体へとコントロールを取り戻していくことになります。
もちろん高麗人参は薬ではありませんので即効性を期待するよりは継続利用による効果の積み上げが大事になります。
したがって少しでもこうした症状を自覚されたときには、まず高麗人参のお茶か顆粒を飲用しはじめてみるのが効果的であると思われます。
顆粒のおすすめ商品はhttp://www.gosgmp.com/gosgmp3.htmlで紹介されています。